テーマ:購入方法

VIXに着目した投資タイミング

さて、1552について研究をつづけたところ、以下の事実が明らかになりました。 ・1552はVIX短期先物インデックスに連動させている。 ・VIX短期先物インデックスは、シカゴ先物取引所(CBOE)のVIX先物翌月物と翌々月物を使い、日々翌月物を売り、翌々月物を買うことで平均残存日数が30日に維持されるようにオペレーションした場合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

積立方法の変更を検討

 急激な円高株安で私のポートフォリオは「正規分布を信じるならば」約69%の確率で起こりうる範囲の下限のあたりまで値下がりしています。  現状、私の積立方針は、カブドットコム証券の千円積み立てによる「究極のドルコスト平均法」(http://19810505.at.webry.info/201005/article_5.html)及び…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カルパースをコピーするには~その2 債券

株式はおおむねコピーできたので、次は債券を考えます。 こちらも内訳は非開示なのですが、まずは基本に忠実に時価総額比で先進国・日本・新興国のインデックスに分散投資したいと思います。 ……が、ここで問題になるのは、株式におけるMSCI All country world investable market index のように、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カルパースをコピーするには~その1 株式

さて、カルパースのアセットアロケーションをコピーする方法を考えたいと思います。 まず、ポートフォリオの中身ですが、アセットアロケーションで9割カヴァーできるはずなので、信託報酬の安いノーロードのインデックスファンドの組み合わせを軸に考えたいと思います。 カルパースは、株式については「グローバル株式49%」と「非上場株式14%…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ETFについて思うこと②

 前回の続きです。  一方で、ETFには、コストの安さと言う大きな魅力があります。  eMaxisシリーズでは外国株系は信託報酬率0.63%ですが、1680、1681は0.2625%。半額以下です。  これは魅力です。  しかし、同時にETFの場合、ノーロードのeMaxisにはかからない取引手数料が発生します。  その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

究極のドルコスト平均法

 前回の記事で、ドルコスト平均法の話をしましたが、これを突き詰めていくと、毎月一定額よりも「毎日」一定額の方がより徹底的に分散できるよなぁ、なんてことを考えてしまいます。  で、ついにこれがカブドットコム証券の千円積み立てで実現できるようになりました。  カブドットコム証券さんは、積み立てプランを一日単位で組めるので、同じ投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千円単位なら零細投資家でもアセットアロケーション調整が実現可能

 前回の記事のような配分でアセットアロケーションを考えているのですが、これを実行するときに大変ありがたいのが、千円単位での積み立てサービスです。  SBI証券さんやカブドットコム証券さんなど、eMaxisを扱っている多くのネット証券さんで、毎月の購入額を千円単位で設定できます。  従来、投資信託と言えば一万円単位での販売が主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more