ETFについて思うこと②

 前回の続きです。  一方で、ETFには、コストの安さと言う大きな魅力があります。  eMaxisシリーズでは外国株系は信託報酬率0.63%ですが、1680、1681は0.2625%。半額以下です。  これは魅力です。  しかし、同時にETFの場合、ノーロードのeMaxisにはかからない取引手数料が発生します。  その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ETFについて思うこと①

 一般論としては、長期投資においては、コストの安いETFは投資信託に勝るとされています。  しかしながら、こと複数国から構成されるETFに関しては、必ずしもそうとは言えないと思います。  そう考える理由は、複数国から構成されるETFの場合、裁定取引ができない(少なくとも、非常に困難である)ことから、本質的に投資信託よりもリスクが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リスクフリーレートの向上策

 ポートフォリオ理論では安全資産を組み合わせる事でさらにリスク低減を達成できるとされています。  また、それ以前の問題として、やはり半年分の生活費くらいは安全資産で持っておきたいところです。  ということは、安全資産の利回り、すなわちリスクフリーレートを少しでもよくすることも、地味ですが重要なことだと思います。インデックス運用で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラップトレード

 GW明けに株も為替もジェットコースターのような乱高下を繰り広げていますが、そのおかげでアクティブ資金で取り組んでいる、マネースクエアジャパンさんのトラップトレードが、大変好調です。  私はUSDを94.25円から91.25円まで0.75円刻みで5本仕掛けているのですが、この乱高下で利益確定が4円に達しました。  同時に、ZAR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「専業投資家」とアーリーリタイア

 投資をする者ならだれもが夢見るのが、アーリーリタイアですよね。  もちろん私の目標もアーリーリタイアです。  ……とは言うものの、やってみると、投資と言うのもなかなか骨の折れる仕事なんですよね。  一般的なイメージでは、投資などと言うと、汗水たらさず濡れ手で粟、と言う幻想がありますが、きちんとリスク管理をして損失を最小限にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

究極のドルコスト平均法

 前回の記事で、ドルコスト平均法の話をしましたが、これを突き詰めていくと、毎月一定額よりも「毎日」一定額の方がより徹底的に分散できるよなぁ、なんてことを考えてしまいます。  で、ついにこれがカブドットコム証券の千円積み立てで実現できるようになりました。  カブドットコム証券さんは、積み立てプランを一日単位で組めるので、同じ投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千円単位なら零細投資家でもアセットアロケーション調整が実現可能

 前回の記事のような配分でアセットアロケーションを考えているのですが、これを実行するときに大変ありがたいのが、千円単位での積み立てサービスです。  SBI証券さんやカブドットコム証券さんなど、eMaxisを扱っている多くのネット証券さんで、毎月の購入額を千円単位で設定できます。  従来、投資信託と言えば一万円単位での販売が主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インデックス運用のアセットアロケーション

 インデックス投資の真髄はアセットアロケーションの調整とされています。  以前、証券アナリスト協会検定会員の勉強をしていたことがあるのですが、その時読んだテキストでも、運用結果の9割はアセットアロケーションで説明がつく、と書かれていたのを覚えています。  インデックス投資ですから、ひとつのアセットクラス内の配分はすでに決まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基本戦略

 投資の基本戦略は、インデックス運用とアクティブ運用をおおむね1:1の配分で行うこととしています。  インデックス運用は低コストのeMaxisシリーズで日本株、先進国株、新興国株、日本債券、先進国債券に積立投資しています。  アクティブ運用は便宜上私がそう呼んでいるだけで、その中身は個別銘柄・各種先物・FX・商品(CFDを含…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more