ガラテーア 2011/8/20

私のパッシブファンド、ガラテーア(期待リターン6.2%、リスク15%)の状況です。

ガラテーアの詳細はこちら↓
http://19810505.at.webry.info/201106/article_2.html

(構成商品)
日本株式・・・ ニッセイ日経225インデックスファンド
         STAM TOPIXインデックスファンド
先進国株式…野村DC外国株インデックスファンド(*)
         CMAM外国株式インデックスe
新興国株式…野村インデックスファンド 新興国株式
日本債券・・・ CMAM日本債券インデックスe
先進国債券…CMAM外国債券インデックスe
新興国債券…STAM新興国債券インデックス
日本REIT…  野村インデックスファンド 日本REIT
外国REIT…  野村インデックスファンド 外国REIT
商品…     EASY商品ETF(1327)
金 …     純金信託ETF(1540)

(*)は琉球銀行の401Kで、その他はカブドットコム証券で「究極のドルコスト平均法」(http://19810505.at.webry.info/201005/article_5.html)で積立しています。

(資産配分-実績/目標)

  実績 目標
日本株式   5.7%  5.7%
先進国株式 46.2% 49.1%
新興国株式  7.7%  8.2%
国内債券   4.4%  4.0%
先進国債券  10.8% 10.0%
新興国債券  6.5%  6.0%
先進国REIT  9.1%  9.3%
日本REIT   1.0%  0.7%
商品   1.0%  3.0%
金   4.0%  2.0%
現預金   3.3%  2.0%

評価損益率(時価/取得原価-1))
-10%

(コメント)
引き続き、世界的に株安が進んだ一方、債券は続伸となりました。また、為替はさらに円高が進みました。
その結果、ポートフォリオの評価損は-2%から-10%に拡大しました。
私のファンドのリスクは15%、期待リターンは6.5%ですから、-10%程度のマイナスはまあまあ想定の範囲内ですね。

とはいえやはり評価損は悲しいですが。

アセットアロケーションは、株式のウェイトが時価の下落により下がり、債券のウェイトが時価の上昇により上がり、積立の進行により現預金のウェイトが下がっています。

日本債券と金だけは評価益を維持しております。特に金の健闘が目立ちます。

そろそろ金を少し売却してリバランスしてもいい頃かもしれませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

IEHIRO
2011年09月05日 20:31
先進国が成長と債務削減の両立という難しいかじ取りの中で漂流する中、今後の投資に新興国の成長の果実を取り入れる戦略は欠かせません。

かといってやみくもに新興国投信を購入しても、でたらめなポートフォリオが出来上がるだけで、さらにいたずらに為替リスクを負うことになりかねません。また、日本のラップ口座は、結局は自社商品を組み込むだけ。

ここで有効なのが、海外の著名な保険会社を使う「海外積立投資」です。海外積立商品の中には月々5万円程度から積み立てられるものもあり、意外と手軽に始められます。中には円建てで、為替リスクを回避できる商品もあります。

また、投資をするにあたって重要なのが、投資助言業者選び。業者選びについては「みんなの海外投資」というサイトに詳しい説明があるので参考になります。中でも「チャート式本物の優良業者の探し方」(http://www.minkaigai.com/archives/1197)がビジュアル的にわかりやすいです。

また、中には香港の有名なIFAである「アロイやBMIはネズミ講の親玉」という人もいます。「フレンズプロビデントのマルチ・ネズミ講による勧誘にご注意ください」(http://nomorealroy.blog.fc2.com/)。くれぐれも違法業者とは関わり合わないように注意しましょう。
オデュッセウス
2011年09月05日 23:37
IEHIROさん、こんばんは。

私の場合、買うものは決まってますので、海外保険への投資は考えておりません。
今は日本国内の投信でも低コストで世界分散投資が結構できるようになっているので、私はそれで十分です。

この記事へのトラックバック