カルパースをコピーするには~その1 株式

さて、カルパースのアセットアロケーションをコピーする方法を考えたいと思います。

まず、ポートフォリオの中身ですが、アセットアロケーションで9割カヴァーできるはずなので、信託報酬の安いノーロードのインデックスファンドの組み合わせを軸に考えたいと思います。

カルパースは、株式については「グローバル株式49%」と「非上場株式14%」としか公表していない模様ですので、これをスタートにポートフォリオを考えます。

まず、非上場株式ですが、これは素人がローコストで投資する手段はありませんので、断念します(苦笑)。
会社経営者の方は自社株をこのアセットクラスとみるのもよいかもしれませんね。

……いずれめでたく専業投資家となることができた暁に、個人資産を法人成りさせて、中身がすべて金融資産と不動産だけの会社のオーナーになった場合、その非上場株式の場合は結局非上場株式以外のアセットクラスの集合体だから、結局アセットアロケーション上は中身に分割して考えないと意味がないよな、などと考えてしまいますが、考えないことにしましょう(笑)。

いずれにせよ私は今はまだサラリーマンなので、63%すべてを「グローバル株式」に配分することにします。

次にその中身ですが、ここは素直に世界の時価総額比率で行きたいと思います。

直近のMSCI All country world investable market index のファクトシートによると、2010年12月31日現在の構成比は、先進国86.37%(うち日本8.64%)、新興国13.63%だそうです。

(出典: http://www.msci.com/resources/factsheets/MSCI_ACWI_IMI_FactSheet.pdf )

ということなので、日本を除く先進国株式のインデックスファンドを毎月の積立額の49%(=63%*(86.37%-8.64%))、日本株インデックスファンドを毎月の積立額の5%(=63%*8.64%)、新興国株式インデックスファンドを9%(=63%*13.63%)買うようにすればよいということになります。

商品としては、私がメインに利用しているカブドットコム証券の取り扱いラインナップから、毎月1,000円単位で積立可能なノーロードのインデックスファンドで、それぞれのアセットクラスで最も信託報酬・信託財産留保額の低いCMAM外国株式インデックスファンド、ニッセイ日経225インデックスファンド、野村インデックスファンド新興国株式としたいと思います。

次回は債券クラスのコピー方法を考えたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kenz
2011年05月09日 22:49
相互リンク設置完了しました。
投資のゴールはずっと長いので気長にいきましょう。
今後も引き続きよろしくお願いします。
オデュッセウス
2011年05月12日 00:19
kenzさん

リンクありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック