カルパースのアセットアロケーション

さて、カルパースではアセットアロケーションを以下のように定めている模様です。

1、株式 63% (±7%)
  うち14%はプライベートエクイティ(非上場株式)

2、債券 20% (±5%)

3、不動産 10% (±5%)

4、インフレ連動商品 5%(2~5%)

5、現預金 2% (0~5%)


出典:カルパースHP
 ( http://www.calpers.ca.gov/eip-docs/investments/policies/asset-allocation/asset-alloc-strgy.pdf )

4のインフレ連動商品というのは、コモディティ及びインフレ連動債券のようです。

株式や不動産はインフレ連動しているような気もしますが、まあ世界で一番儲けさせ給う機関投資家にあらせられるカルパース殿下のお言葉なので、あえて突っ込むのはやめておきましょう(笑)。

ということで、このアセットアロケーションをコピーしてしまえば、理論的にはカルパース様の9割くらいは儲かるはずです。

次回はコピーの方法を考えてみたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダ アウトレット

    Excerpt: カルパースのアセットアロケーション 専業投資家へのオデュッセイア/ウェブリブログ Weblog: プラダ アウトレット racked: 2013-07-06 08:12